完全自動糸押出機テーププラスチック PP PE カムマニュアルハンドコイル/巻線機

$4,500.00 - $27,000.00 / pcs | 1 pcs (最小。オーダー)
モデル番号:
WM2-1
リードタイム::
数料(pcs) 1 - 1 >1
米国東部時刻 (日数) 12 交渉可能
レポート不審な活動
概要
詳細を表示
力(W):
1.5-3kw
保証:
1 年
提供される売り上げ後のサービス:
ビデオ技術サポート, オンラインサポート
条件:
新しい
原産地:
china
銘柄:
Yongxu
電圧:
100-200 v
適用:
巻糸
自動等級:
自動
製品容量:
15-40times/分
適用産業:
巻糸
を保証期間後にサービス:
ビデオ技術サポート
ローカルサービス場所:
なし
ショールーム場所:
なし
MOQ:
1 個
名:
カムマニュアルハンドコイル
事業者の番号:
1 人
マシンカラー:
幅のテープ:
1-4 ミリメートル
最大直径のテープ:
120 ミリメートル
厚さ:
20-30 ミリメートル
供給能力
供給能力:
1000 Set/Sets per Year cam winder machine
包装 & 出荷
包装
輸出
ポート
Ningbo port or shanghai port
リードタイム: :
数料(Pieces) 1 - 1 >1
米国東部時刻 (日数) 12 交渉対象
動画の説明
完全自動糸押出機テーププラスチック PP PE カムマニュアルハンドコイル/巻線機

展覧保証注文する方法?

>>> クリック私 <<<

製品の説明

 

 

完全自動糸押出機テーププラスチック PP PE カムマニュアルハンドコイル/巻線機

 

 

 

 

1。このマシンは、当社新開発のエネルギー効率で巻線機 1.5-2.2kw メインモーターのみ 

 

2.It 採用カーディオイドカムを交換する旧往復シャフト機構のコンビネーション巻線機。 このように、マシンが安定した運動とフラット巻達成スピンドル。

 

3。その全長は大幅に採用によって短縮 5 巻層両側、プラスチックテープ延伸機とのマッチングのために良いです。

 

主な技術パラメータ

往復長さ200 ミリメートル
最大直径のテープ120 ミリメートル
幅のテープ1-4 ミリメートル
厚さ0.03-0.1 ミリメートル
往復周波数15-40times/分
調整可能な電圧の範囲100-200 V
サイズのボビン& ピピ; 38*230 ミリメートル
タイプの力モーターWM1-1
電源ドライブモーター1.5-3kw
回転力2-4 キロセンチ

 

 

 

 

 

 

会社情報

 

 

 

 

 

包装 & 送料

 

 

 

FAQ

 

 

1.Could 私はあなたの製品の価格?

歓迎。 Pls は私達に電子メール here. 24 時間で私たちの回答を取得します

 

2.Can 私たち私たちのロゴ/ウェブサイト/会社名の製品?

はい、ロゴのサイズと pantone コードをアドバイスしてください。

 

3.What のリード定期的な?

15-20 日注文数量; 季節に依存と数量、通常 30 未満日。

 

4.Can 私は割引を取得?

はい、 2 個以上の注文数量の場合にご連絡ください、最高の価格を取得。

 

5.do トレーニング?

はい、私たちは当社の技術マニュアル & ビデオ送信


6.How に対処壊れ部品?
私たちは保証 1 年保証。

 

あなたが好むかもしれない
ご希望の製品ではありませんか? 1 回のリクエストで複数の見積もり 今すぐ見積もりを取得 >>
あなたが好むかもしれない
これらの製品またはサプライヤーの検索結果は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたものです。翻訳結果に関してお気づきの点がありましたら是非フィードバックをお送りください。このページに英語以外の言語で表示される製品およびサプライヤー情報は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたwww.alibaba.comの情報です。このページに英語以外の言語で表示される製品およびサプライヤー情報は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたwww.alibaba.comの情報です。自動翻訳の品質に関するご質問・ご意見は、english.trans@service.alibaba.com までメールでお問い合わせください。翻訳はコンピュータにより自動化されています。Alibaba.com はいかなる翻訳にも関わっておらず、製品情報の翻訳や内容について認識も管理もしていません。Alibaba.com およびその関連会社は、自動翻訳された情報に起因もしくは依存する損害、または翻訳ツールの技術的なエラーに起因するいかなる損害についても、明示的または黙示的な保証を一切しません。