800-10000nm (0.8-10um) 赤外線 ir レーザー検出カード、ダブル周波数カード

$40.00 - $160.00 / pcs | 1 pcs (最小。オーダー)
レポート不審な活動
概要
詳細を表示
原産地:
Shanghai, China
銘柄:
Kpt
モデル番号:
HT815
を試験範囲:
800-10000 nm 赤外線
適用材質:
アクリル、皮革、金属、プラスチック、ゴム、他
アプリケーション:
赤外線レーザー検出
サイズ:
標準、 3 × 5 センチメートルサイズ、他の要求ごとのように
寿命:
3-5 年
感度:
良い
検出レーザーポインター:
800-10000nm 使用できません
供給能力
供給能力:
1000 Piece/Pieces per Day
包装 & 出荷
包装
二重のビニール袋、ボックス
ポート
Shanghai Port

赤外線 (ir) レーザーテストカード

 

変換による種類の見えない近赤外波長ビームに可視光、 ir レーザーテストカードを検出することができる、トラック、校正と識別赤外線ビームから効率的に各種の半導体レーザー、 yag 大レーザー、 ir led などと光ファイバ通信の分野で適用されていると医療検査など

それ電源のようなものだ、セラミックまたはガラス凝集アップ変換蛍光体の構成平均粒子サイズに 0.4μm から配置 50μm。 それは特性敏感応答、豊富なグロ、高隠蔽と信頼性、簡単なテストと長寿命など

機能と 1 mw の ir レーザーソース、効率的な励起波長 800nm から主に手配に 10600。

異なる波長 ir 同じ ir テストカードで識別することができる。その輝度 ir デバイスと一緒にし励起パワー増加;

可視発光スペクトル: オレンジ赤 580-620nm 、ブルー 430-450nm 、グリーン 530-560nm;

紙、プラスチック、ガラス、精神、およびセラミック材料テストカードは利用できる; 仕様、形状、色などがメイド顧客の要件によると。

モデル

励起波長ピーク時 (μ m)

励起周波数 (nm)

吸収と

Uv 3650

励起波長スペクトル
(Μ m)

HT612

1.0-1.3

630

0.8-1.6

HT582

オレンジ

0.80-1.3

585

オレンジ

0.7-1.4

HT520

グリーン

0.80-1.3

520

グリーン

0.7-1.8

HT510

グリーン

0.80-1.3

510

弱点グリーン

0.7-1.4

HT513

グリーン

0.9-1.06

520

グリーン

0.80-1.3

HT412

グリーン-ブルー

0.90-1.06

490

グリーン-ブルー

0.80-1.3

HT320

ブルー

0.90-1.06

470

ブルー

0.80-1.3

HT111

グリーン

0.98

520

---

0.80-1.06

HT112

ブルー

0.98

470

----

0.94-1.06

HT113

0.98

610

-----

0.94-1.06

HT900

0.98

610

----

1.5 または 0.98

HT800

グリーン

0.98

510

グリーン

0.8-10.6

HT815

3-5

青緑色

-----

1-10

HT700

0.98

630

0.8-2.0

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

あなたが好むかもしれない
ご希望の製品ではありませんか? 1 回のリクエストで複数の見積もり 今すぐ見積もりを取得 >>
あなたが好むかもしれない
これらの製品またはサプライヤーの検索結果は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたものです。翻訳結果に関してお気づきの点がありましたら是非フィードバックをお送りください。このページに英語以外の言語で表示される製品およびサプライヤー情報は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたwww.alibaba.comの情報です。このページに英語以外の言語で表示される製品およびサプライヤー情報は、翻訳ツールによって自動的に翻訳されたwww.alibaba.comの情報です。自動翻訳の品質に関するご質問・ご意見は、english.trans@service.alibaba.com までメールでお問い合わせください。翻訳はコンピュータにより自動化されています。Alibaba.com はいかなる翻訳にも関わっておらず、製品情報の翻訳や内容について認識も管理もしていません。Alibaba.com およびその関連会社は、自動翻訳された情報に起因もしくは依存する損害、または翻訳ツールの技術的なエラーに起因するいかなる損害についても、明示的または黙示的な保証を一切しません。